趣味の総合サイト ホビダス
 

日帰り乗り鉄旅

| へっぽこ撮影記 | | 4件のコメント

こんばんは。
すごい久々な更新です。
今週は遅い夏休みということで青春18きっぷを使って日帰りの旅に出てみました。


常磐線に乗っていわきへ。
いわきからは磐越東線です。
車両はこちら。
キハ110
水戸からは消えてしまったキハ110です。今日はキハ111+112の編成でした。
やっぱり気動車の加速は電車と違って引っ張る感じが面白いです。
ボーッと乗っているうちに郡山に到着。
郡山で今日の本命に乗り換えです。
583系あかべぇ
代走あいづライナーです。
いつもは下の485系なのですが、今日(28日)は特急あいづ運用なので583系の代走というわけです。
485系あかべぇ
早速乗り込んで583系の中を撮影。
583系内装-1583系内装-2
いい具合に昭和っぽさが出てます。
そして一路会津若松へ。
ちなみに乗り心地ですが、やっぱり椅子が倒れない+ボックスシート(運よく指定席で進行方向確保)なので自由席サロよりも見劣ります。
まあ、40年前の物とここ10年の物を比べること自体ナンセンスなんですが・・・。
と会津若松に到着。
ここで市内観光・・・せずに10分後の普通で郡山に戻ります。
(乗り鉄だからいいんです。)
合間に撮影。
719系あかべぇ
既に結構なお客さんが居たので中は撮影できませんでした。あの不思議なシートは撮影したかったのですが・・・。
ちなみに719系、今回が初乗車です。701系とE721系は何回か乗っているのに719系は今までめぐり合わせで乗ったことが無かったです。
ちなみに反対のホームにはこんなのが。
キハE120キハ混結
キハE120とキハ110の異系連結列車です。
ストレートとワイドすそ絞りの違和感が地味にいい味を出しています。
そして再び郡山へ。
郡山からは水郡線にしてみました。
水郡線はキハE130なのですが、今日は珍しいことにキハE130x3の3両編成でした。トイレ3個のデラックス編成(笑)です。
キハE130
このキハE130、デビューはキハE120より先なのに形式番号のせいで弟扱いです。
ちなみに郡山から常陸大子までは比較的お客さんが少なくて快適だったのですが、袋田から大量にお客さんが乗車して、雰囲気一変でした。
無事に水戸についてまた常磐線で帰宅。
1日ほとんど乗車でしたが、久々だったので楽しかったです。
でも流石に年のせいか座りっぱなしだったので少しお尻が痛いです・・・。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こんばんは。
会津の列車のご紹介ありがとうございました。
うちでも、急行「きたぐに」で新潟に行き、そこから「SL磐越ものがたり号」で会津を訪ねる旅をしたいと思っていますので参考になります。
また、水郡線は、出張で水戸から何度か利用したことがあるので懐かしく思いました。
まだキハ110系でしたが、今は変わったようですね。
水戸から鹿島周りで千葉方面に出たこともあります。

会津遠征お疲れ様でした。
583、お盆期間中は写真にある昼行仕様で北へ南へと忙しかったようですね。
ウチの最寄を北へ向かって朝一に出ると、黒磯からの乗り継ぎは719です。ドア間集団見合い型のセミクロスシートは確かに独特です。
水郡線、臨時列車が走ってるんですよね。18きっぱーの利便を図る意味合いがあるのでしょうか。

父鉄さん、こんにちは。
「きたぐに」で旅行いいですね。
会津若松からあいづライナーに乗るのもお勧めです。運がよければ?今回のように583系の代走もあるので子鉄クンも気に入るかも?
キハE130は、2扉車では混雑を捌けなかったので、東北のキハ58をキハ110で玉突き置き換えすることもかねて2007年から水郡線に導入された車両です。
>水戸から鹿島周り
鹿島臨海鉄道は実は乗ったことが無かったりします。
機会があれば乗ってみたいです。

おやまぁさん、こんにちは。
719系は理由は不明ですが基本的に常磐運用は行っていないようです。
>水郡線
11月まで不定期に走る謎の8326Dですね。
夏は18きっぱー、秋は袋田の滝の観光客需要といった所でしょうか。

Comment feed

コメントする